楽天カード

私は楽天カードを使って一年くらいです。それまでは、クレジットカードは怖いイメージがあり、使ったことはありませんでした。カード払いにしてしまうと、いくら使ったのか感覚が鈍くなると思ったからです。ネットショッピングも、代引きで買っていました。しかしある時、友達が「何でもカード払いにしてみることにしたんだ。ポイントが結構つくんだよ」と言っていたのを聞いて、興味を持ち始めました。それから数ヶ月後、楽天トラベルでホテルを予約しようとすると、予約時にカードを作ると8000円分のポイントをもらえるキャンペーンがやっていました。普段なら無視するところですが、友達の話を思い出し、更に主人も乗り気だったので作ることになりました。それから一年。光熱費やスーパーでの買い物、外食など、カードが使える店は使うことにしています。現金を持たなくていいのが楽です。明細はアプリでも見られますが、私は手書きの家計簿をずっとつけていたので引き続きつけて、金銭管理をしています。お金の使いすぎになることはありません。早くカードにしておけば良かった、と思いました。ポイントが毎月1000円分くらい貯まるので、そこそこ貯まってきたら楽天で買い物してます。とてもお得で、カードの魅力にとりつかれています!

クレジットカードを変えようと思うものの…

クレジットカードを使いはじめてから、かれこれもう20余年となっていますね。実は当初からずっと同じクレジットカード会社のクレジットカードを持っているのですが、けれどもちょくちょくとクレジットカードの変更は検討していますよ。やっぱりここまでクレジットカード生活が長くなりますと「はたして自分が今使っているクレジットカードが最もお得なのだろうか…」なんて、定期的に考えてしまうものですからね。しかし結局はメインで使用するクレジットカードは変わらないままなのですよね。なぜなら、クレジットカードは利用年月によって与信額が異なってくるからです。ですから長年使っているクレジットカードを結局は手放せないのですよね。数年に1度ではありますけれど、自動車の購入の際にもクレジットカードは使えますからね。だからこそ、決め手は与信額となり、そして長年使っているクレジットカードに結局は落ち着くのです。

欲しくなるクレジットカードのデザイン

クレジットカードを作るときの基準は年会費が無料だったり、保険がついていたりマイレージがたまったり、色々ありますよね。でも、最近のクレジットカードのサービスはなんとなくどこも似たり寄ったりな気がします。そんな中で、他の人と差を付けたいと思うのならクレジットカードのデザインという選択肢があります!昔はクレジットカードと言えば皆同じようなものだったのですが今や色んなデザインのものがあります。キティちゃんやマイメロといったキャラクターからゆるキャラ、アニメのキャラクターものもありますしノンブランドでもヒョウ柄や花柄といったものまで本当に色んな柄から選ぶことができます。自分のお気に入りのデザインのカードを使うのは気分的にもテンションが上がるのでこういう選択方法もオススメですよ♪

イオンカードはポイントアップデーが覚えやすいのでおすすめ

イオンカードは、通常のポイント還元率は0.5%と少し低めですが、自宅の近所にイオンがある人ならば、毎月ポイントが多くなる日が多数ありますのでお得に使えるカードです。例えば毎月5がつく日はイオングループのポイントが2倍になったり、毎月10日は全店でポイントが2倍になったりといった具合です。毎月日付が5の倍数になっている日には何かしらポイントが上がるようになっていますので優待日が覚えやすいのも使いやすい理由です。貯めたポイントはWAONに交換して日常のお買い物に使うのがおすすめです。イオンカードは年会費もずっと無料で使えますし、ブランドも3つから好きなものが選べますので持っておいて損はないカードです。

お得なクレジットカードについて

クレジットカードは毎月5万円から10万円程度利用しています。大きな買い物をするときは10万円を超えることもありますので、利用額や請求額については常に把握するようにしています。私が利用しているクレジットカードは月々の請求書が発行されず、インターネットですべて確認できるシステムになっています。WEB上ではリボ払いに後から変更することもできますし、抽選やキャンペーンへの応募も可能です。クレジットカードは利用額に応じてポイントがつき、そのポイントは現金還元をはじめ寄付やマイレージなどに引き換えることができます。私は毎回ポイントが貯まるたびに現金に引き換え、請求金額から差し引いてもらっているのでお得に買い物できています。

クレジットカードを使わないのはお金を捨てているようなもの

今では世の中のありとあらゆる支払いがクレジットカードでできるようになっています。日々の生活に関わる食材の買い出しはもちろん、携帯電話料金の支払いや、水道光熱費などもクレジットカードで支払うことが可能です。できるだけクレジットカードを利用するようにしていると、利用額が年間で100万円や200万円に行くことになります。100万円や200万円もクレジットカードを利用していると、当然あるものが貯まります。ポイントです。このポイントは多くのクレジットカードで利用額の1%程度が還元されます。100万円利用すると1万円です。ただ支払いをクレジットカードにしているだけで1万円も貰えてしまうのです。クレジットカードを利用しないということは、この1万円を捨てているということになるのかもしれませんね。

ポイント還元率で選ぶリクルートカード

クレジットカード利用での一番の特典が利用額に応じたポイント還元ですよね。少しでも多くのポイント還元を受けるためにオススメなのかリクルートカードです。リクルートカードのポイント還元率は1.2%と非常に高くなっています。貯まったポイントの使い道がちゃんとあるのかも気になるところですが心配はいりません。以前はじゃらんやポンパレモールといったリクルート系のサービスのみでしたが、ローソンで使うことのできるpontaへの交換が可能になったのです。使用が限定されていると、せっかく還元されたポイントを使えないということもありますが、コンビニで使用することが出来るのであれば無駄になることは無いですよね。使い道に困った場合はpontaに交換するようにしましょう。

クレジットカードには年会費が必要なのか

クレジットカードを作る際に必ずチェックしておきたいのが年会費がかかるかどうかです。クレジットカードには年会費無料と宣伝されているものも多くありますが、一部では永年無料ではなく条件付きで無料としているケースもあり規約は細かく把握しておくことが大切です。また、年会費が不要だからといってすぐさまお得だと考えるのも間違いです。クレジットカードの多くは年会費のかかるものほどポイント還元率が高く付帯サービスも豪華なものが用意されています。年会費無料のカードを持つのであればあくまで買い物を便利にする目的のみに絞って使うか、クレジットヒストリーと呼ばれる個人信用情報を良好に保つために計画的に使うのが賢い利用方法となるでしょう。

忙しい方のための簡単なクレジットカードの作り方

忙しい方のため、そして、簡単なクレジットカードの作り方をご紹介します。今はネット時代ですよね。ということで、クレジットカードもインターネットを経由して簡単に作ることができます。まずは自分の作りたいクレジットカードのホームページを開きましょう。そこに必ず「クレジットカードに入会する」と書かれたアイコンがありますので、そこをクリックします。後はフォーマットなどをすべて埋めて、画面に従って最後に決定ボタンを押せば、問題がない場合には1週間から10日前後でクレジットカードがあなたの手元にそろっています。クレジットカードの申込用紙を埋める際に準備していただきたいのは、多くのクレジットカードの場合、勤務先の住所などを記載することがありますので、ご自身の名刺などを用意しておくとスムーズです。また、身分証明書をスキャンしたものを添付することもありますから、予めスキャンしたものをパソコンに保存しておき、申し込みの際に一緒にアタッチして送信するだけにしておくと簡単です。24時間365日、インターネットがあればどこからでも申し込みができる、便利なクレジットカードの作り方ですので、これができるクレジットカードの場合はこういった方法を利用しましょう。

三井住友VISAカード

三井住友銀行の口座を作った際、通帳なしのネットバンキングにしたのでついでにクレジットカードも作りました。たしか当時はまだ学生だったので年会費も無料だったので特になにも考えずに作りました。このカードは使った分だけワールドポイントというものがもらえ、そのポイント数によってプレゼントを選べたり、楽天ポイントなどに交換する事ができます。また三井住友VISAカードは付帯サービスとしてしっかりした国内、海外旅行時の傷害保険や買い物の保険も付いています。いまは年会費を払っていますが海外旅行によく行くためその保険料と考えると損はしていないと思います。何気なく作ったクレジットカードですが、三井住友という大手の会社ですので初のクレジットカードにちょうど良かったと思います。